健康な女性が悩むイライラの理由とその対策

普段は、なんとも思わないような些細なことでも生理の前になると色々なことに神経をとがらせて、ついイライラしてしまう・・・といった経験はありませんか?

生理前になるとイライラがひどくなる女性は少なくありません。怒りっぽくなって、つい人にあたってしまうこともあると思います。どうすればイライラを解消できるのでしょうか。

生理前にイライラする理由

f97f8479d63ba566bfe1730d627e019d_s

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。生理前のイライラは、排卵後に分泌されるプロゲステロンという女性ホルモンの影響によるものです。つまり妊娠可能な健康体の女性にこういった不快症状が現れるのです。

このプロゲステロンによる精神症状(イライラ・うつ状態)が特に激しく、日常生活に支障が出るほどに悩んでいる女性は、PMDD(月経前不快気分障害)になっている可能性があります。つまり、むくみやだるさ、眠気などがメインとされるPMSよりもメンタル面での不調が著しい時は、PMSではなくPMDDである可能性が高いのです。

気分の変化は人によって違いがあり、イライラや抑うつがひどい方もいれば、生理前も普段と同じように過ごせる方もいます。イライラがひどくて人に強く当たってしまうと、人間関係を悪くする可能性があります。

PMDDは抗うつ剤で改善されます

PMDDは、月経前のイライラする時期に限り、抗うつ剤を服用すると改善されることがあります。この場合は、婦人科ではなく精神科や心療内科を受診してみましょう。

リラックスした生活を送る

症状が軽度の場合は、リラックスした生活を心がけましょう。仕事に遅れないように早くしなくちゃ、子供が言うことを聞かないなど、ゆとりがない生活は症状を悪化させます。ゆとりを持って行動できるように早めに起きたり、子供がいうことを聞かなくても生理前の調子がよくないときは多めにみるなど、リラックスを心がけましょう。

食生活を見直す

ファストフード、加工食品、お菓子など偏った食事はホルモンバランスを乱します。甘いものが食べたくなるかもしれませんが、お菓子は控えてドライフルーツで甘味を補給します。3食規則正しくバランスがよい食事をとりましょう。
温かいものを摂るとほっとできます。ハーブティーやお味噌汁など温かいものを摂ることで、イライラが軽減します。カモミールやラベンダーのハーブティーに気持ちを落ち着かせる働きがあります。

コメント投稿は締め切りました。