生涯を通じた女性の健康支援について【リプロダクティブ・ヘルス】

内閣府男女共同参画局では、生涯を通じた女性の健康支援について提示してあります。リプロダクティブ・ヘルス/ライツとは「性と生殖に関する健康・権利」と訳されています。1994年エジプトのカイロで開かれた人口開発会議(ICPD)によって提唱されたものです。

リプロダクティブ・ヘルスとは

ddc027d6b149b12095903e35e4d29e74_s

 

リプロダクティブ・ヘルスは、人間の生殖システムおよびその機能と活動過程のすべての側面において、単に疾病や障害がないというばかりではなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であることを意味しています。

リプロダクティブ・ヘルスとは、人々が安全で満ち足りた性生活を営み、生殖脳力を持つことで子どもを持つか持たないかなどを自由に決めることを意味しています。

女性の生涯を通じた健康を支援するためには、これらの取り組みの重要性についての認識を高めることが必要です。正しい、知識や情報を得ることで認識を深めるための政策を推進するものです。

女性の健康問題への取り組みについて

女性は妊娠や出産の可能性があることからライフサイクルを通じて男性とは異なる健康上の問題に直面することが多いです。このような問題点について男性はもちろん、広く社会全体の認識が高まることが必要です。

女性の生涯を通じた健康支援へは、保健所や市町村など母子保健医療に関わる医師や保健婦、助産婦、看護婦などに研修などの充実を図っています。リプロダクティブ・ヘルス/ライツでは、主に健康被害(飲酒や摂食障害や薬物乱用など)などに関する国民への正確な情報提供などを主としています。

学校においても児童生徒の発達段階に応じた性知識、生命尊重、人間尊重・男女平等などの精神に基ずく異性観や、自分で考え判断できる意志決定の能力を身につけさせることで望ましい行動をとれるよう学校教育活動全体を通じて性教育の充実をめざしています。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点からは女性が健康状態に応じ、自己管理を行うことができるようにするための健康教育や相談体制を確立されることを目的としています。また、思春期や妊娠・出産期、更年期、高齢期など課題に応じて対応できる体制づくりを目指し、生涯を通じて女性の健康維持を目的としています。

コメント投稿は締め切りました。